副作用の心配のないサプリメント

薬ではなく体に優しい食物由来のサプリメント!
90%以上が実感!
商品への自身の裏付け全額返金保証付き





現役ドクター開発のサプリメント!

バファリンとロキソニンには大きな違いがあります

バファリンとロキソニンを出している会社が違うだけのほとんど同じ頭痛薬だと思っていませんか?

 

実はバファリンとロキソニンには大きな違いがあります。

 

もちろん成分が違うのですが、そんな成分の名前を言われてもどんな効果があるのかなんて一般人にはわかりませんよね?

 

なので今回は成分がどうのこうのではなく、簡単な効能と副作用について比較しておきます。

 

 

まず、どちらが強力かというとロキソニンです。

 

頭痛でいうと、バファリンが血流の流れを正常にすることで、脳の炎症等が原因で発症する頭痛に効果があるのに対して、ロキソニンは痛みを感じる神経をマヒさせるようなイメージです。

 

もちろん厳密には少し異なりますが、簡単なイメージで分かりやすいですよね?要するに含まれる成分によって頭痛の治し方が異なっているのです。また、逆に副作用が強いのはロキソニンです。

 

といっても両方とも副作用はほとんどないといってもいいぐらいなのですが、2つの薬を比べた場合は、バファリンよりロキソニンのほうが胃が荒れます。効果的な薬ほど副作用が強いのは当然なのです。

 

ちなみに、イブやボルタレンなど他にも鎮痛作用のある薬もありますが、それも含めると

 

ボルタレン>ロキソニン>イブ>バファリンといった順です。

 

効果に個人差もありますが副作用もこの順で大きくなります。頭痛薬はみんな一緒ではなく、成分によって効果や副作用が異なるのです。

 

 

 

 

【体験談】バファリンとロキソニンの違い

わたしは酷い頭痛持ちで、頭痛薬を持ち歩いていないと不安で仕方がありません。場合によっては動けないほどの頭痛に見舞われるので、仕事に差し障りが出かねないのです。

 

また、頭痛というのは厄介なことに、痛みだしてから薬を飲んでもあまりよく効かないことがあります。わたしの頭痛は前兆を伴わないため、どうしても痛みだしてから薬を飲むことになってしまうので、少しでも早く、そして少しでもしっかりと効果が出る薬を探していました。

 

いろんな薬を試してはみたものの、やはり頭痛持ちの母が愛用していたバファリンをわたしも使っていました。しかし、ロキソニンが薬局で買える薬として登場して以来、その効き目の強さにすっかりロキソニンに鞍替えするようになっていました。

 

ロキソニンは怖いくらいによく効きます。しかし、空腹時に服用するとかなり胃を荒らすようです。薬局でも、一緒に飲んだ方がとドリンク剤などを勧められることがあります。せっかく頭痛がおさまっても、お腹が痛くて食事ができないなどという事態になることもありました。わたしの頭痛ば低血糖にも由来しているので、これでは本末転倒です。

 

かたやバファリンは、さすが半分が優しさというだけあって、胃荒れが少ないように思います。というわけで、わたしは空腹時にはバファリン、堪え難いほど痛い時や食後にはロキソニンと使い分けることにしています。

関連ページ

バファリンの副作用で眠気
どんな薬品にも副作用がありますが、バファリンの眠気だけならばあまり気になりません。要は車の運転をしないなど気をつければいいだけですので。
バファリンとセデス、ロキソニンを体験から比較
頭痛薬にもいろいろありますが、有名どころで、バファリン、セデス、ロキソニンでしょうか?体験から比較してみます。
偏頭痛持ちの私には小児用バファリンは欠かせません
私はかなりの偏頭痛もちで、ひどい時は仕事にも支障をきたす位の事もあり、小児用バファリンは手放せない物なのです。
バファリンの効果と副作用
最初に飲んだ時にはバファリンの副作用に苦しみましたが、最近飲んだ時には大丈夫でした。バファリンも年々改良され副作用が減っているんだと感じました。
偏頭痛持ちなのでバファリンは手放せません
私は偏頭痛持ちなので、バファリンは手放せません。頭が痛くなってきたら、我慢せずにすぐバファリンを飲むようにしています。