副作用の心配のないサプリメント

薬ではなく体に優しい食物由来のサプリメント!
90%以上が実感!
商品への自身の裏付け全額返金保証付き





現役ドクター開発のサプリメント!

バファリンの副作用

バファリンの副作用に悩んでいる方がたくさんいるようです。

 

代表的なものでは、胃痛などの胃機能障害があげられますが、
中にはじんましんのようなブツブツができたという話や、
耳鳴り、吐き気、手の震えなどが出たという話も聞きます。

 

その他にも白血球減少などの血液障害が報告されていますね。
そして、アスピリン喘息といって、痛みどめの成分によって喘息が起きてしまう副作用もあります。

 

怖い副作用ですが、起きてしまう人が少なからずいるのが事実です。

 

今のバファリンではアスピリン喘息は起きにくい成分に切り替わっていますが、
バファリンに限らず痛みどめを飲んで一度でも喘息のような症状が出たら、かならず医師に相談してください。
いずれにせよ、バファリンを飲んで副作用が出たかも?と思ったら、服用を中止してくださいね。

 

薬には人によって「合う合わない」があります。
友人知人の勧めなど、あまりあてにならないものです。

 

そしてぜひ、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談してみてください。
薬剤師は薬の専門家ですから、痛みどめの成分を比較して、いろいろ教えてくれると思いますよ。

バファリンにすらある副作用

バファリンといえば、頭痛薬の代名詞ともいえるほど有名な市販薬です。
また、解熱剤という側面もあり、病院で支給されることも多々あります。

 

しかしながら、バファリンにも副作用があることをご存知でしょうか?

 

昔のキャッチフレーズならバファリンの半分は優しさでできているなどといっていましたが、
実はバファリンにも副作用はあります。

 

バファリン

 

もちろん個人差もあるので全く影響のない方もたくさんいますが、
バファリンに含まれるアスピリンという成分が実は胃に大きな負担を与えてしまうのです。

 

なので、病院で風邪薬などと一緒にバファリンが支給される場合、必ず胃薬がついていますよね?
市販のバファリンを購入するひとは単体で飲むことが多いのですが、本来は胃薬も一緒に飲むべきなのです。

 

もちろん、バファリンだけが副作用のある頭痛薬というわけではありません。
大なり小なり他の薬も副作用はあります。

 

基本的に効果が高いものほど副作用もキツイのが常識です。
バファリンのような有名な薬にすら副作用があるのだということを知っておかなければなりません。

 

しかしながら、先ほども書いた通り、副作用も個人差がでるため、自分に合う薬
つまり自分の場合に副作用がほとんどでない薬を見つけることをお勧めします。
周りの情報をいくら集めようと自分自信に実際に試してみなければわからないのです。

バファリンAとバファリンプレミアムの違い

バファリンプレミアムは、スタンダードであるバファリンAよりも
さらに「頭痛の鎮静」と「胃への負担軽減」に特化した薬
であるということができます。

 

バファリンAとバファリンプレミアム

 

また、バファリンプレミアムには解熱効果もあり
パッケージの効果効能の欄にも明記されています。

 

スタンダードであるバファリンAと価格の面で比べると
バファリンプレミアムの方が2倍近く高くなっています。

 

それだけの効果があるということですが
バファリンプレミアムにはどういった成分が含まれ
どのような技術が使われて製造されているのでしょうか。

 

イブプロフェンとアセトアミノフェンのダブル処方

まず、バファリンプレミアムには、イブプロフェンとアセトアミノフェンが1:1で配合されています。
イブプロフェンが末梢神経に作用しアセトアミノフェンが中枢神経に作用することで
高い鎮痛効果をもたらしてくれる
というわけです。
これをダブル処方といいます。

 

崩壊と溶解の両立

さらに、今まで技術的に両立は難しいとされてきた
「錠剤の崩壊技術」と「イブプロフェンの溶解技術」を導入しました。

 

この技術は「クイックアタック錠」と名付けられ
この導入によりバファリンプレミアムは、バファリンのトップへと躍り出ました。

 

バファリンも日々、進化を遂げているのですね。

【体験談1】バファリン最強

煙草を吸っていた時代に頻繁に頭痛になりました。
1ヶ月に1回以上はなっていました。

 

その当時は男は煙草を吸うのが当たり前でしたから、止めようとは思いませんでしたが
これだけ頭痛になるということは体質的に煙草があっていなかったのでしょう。
煙草をやめた今ではほとんど頭痛はなりません。

 

タバコ

 

その当時の頭痛のパターンはヅキヅキが多かったです。
「あっ、来るな」というのが大体わかるようになっていました。

 

何もできなくなるようなひどいものではなかったのですが、パフォーマンスは低下しました。
そんな時は薬に頼るしかありません。

 

色々試したのですが、自分にはやはりバファリンが良く効いてくれました。
やはり、あのちょっと大きな錠剤がいかにも効きそうだったのかもしれませんが、
大抵の頭痛はバファリンで治りました。

 

どうしてもバファリンがない場合、違う薬を飲むのですが、イマイチ効かなかったです。
そして眠気がかなり襲ってきたものもありました。
また,胃が痛くなるものもありました。

 

その点,バファリンは効き目はもちろん眠気もなく
速やかに頭痛を治してくれて胃も痛くなるようなこともありませんでした。

 

もう煙草をきっぱりやめて10年くらいになるので、バファリンにお世話になることはあまりないのですが、
自分の中で頭痛薬と言えばバファリンが最強であることは間違いありません。

【体験談2】全く私に効かないバファリン

私は生理痛が重くて、さまざまな鎮痛剤を試しました。

 

有名な鎮痛剤と言えば「バファリン」ですが、
「半分は優しさで出来ています」というキャッチコピーが憎くなるくらいデカイ。
優しさいらないから小さくしてくれ〜って感じです。

 

そして効かない。これは、致命的。
薬を飲む意味がない。お財布にも優しさを下さい。

 

今までで一番効いた痛み止めは「ボルタレン座薬」です。
でもこれは、医師の処方がないと手に入りません。

 

 

仕方ないので「イヴ」を飲んでいます。
どうやら私には「イヴプロフェン」が入っていないといまいち効果がないみたい。
ロキソニンも歯医者でもらったけど、あまり効かなくて、結局はイヴを飲んでいました。

 

薬の効き方って人それぞれですよね。
旦那は普段、全く薬を飲まないからバファリンもよく効くし。

 

周りの人は「ロキソニンって薬局で買える薬で、一番効くよね〜。」って言ってます。
ロキソニンが市販される薬の中で効く人が多いんだろう。

 

バファリンは昔からあって有名な薬だけど、みんなデカイって思っているんじゃないかな?
今はいろいろな種類の効き目のバファリンが出ているけど、
ロキソニンが市販されるようになったから迷走しているのかな?って勘ぐってしまいます。

 

薬は、異物を身体に入れるのだから効きすぎても怖いけど、全く効かないんじゃ意味がない。
これからの長い人生、上手に薬と付き合っていきたいですね。